Taichi Tanaka challenges ERZBERG RODEO 2010

テンションの上がるニュースが入ってきました。

ボーダレスメン・田中太一が6月にオーストリアで開催されるエルツベルグロデオに出ることになったようです。

名前を聞けば知っている方も多いでしょう。1000台あまりのエントリーがあっても完走率が5%にも満たないと言われる超過酷なレース。

ジュニアカップでは世界ランキング3年連続2位、トライアル・デ・ナシオンに選出された年はニッポンチームを2位・3位に導いた経験を持つ田中太一。果たしてどんなレースを見せてくれるんでしょうか。

以下、田中太一からの参戦にあたってのコメントです。

—————————————–

みなさんこんにちは。田中太一です!! この度、来る6月6日(ロック&ロック)の日、オーストリアのエルズベルグ鉱山で開催される史上最強のエクストリームエンデューロレースエルズベルグロデオに出場することになりましたのでご報告いたします。

このレースは、バイクで崖や岩場などを上り下りして、速さを競うものですが、世界中から集まる1000台の参加者のうち完走できるのは僅か30名程だと聞いています。

トライアルの世界ランカーだった自分にとって、チャレンジし甲斐のあるイベントですので、世界中の有名なライダー達を相手に、是非とも日本のオフロードシーンをアピールしてきたいと思います。 また、僕達のパフォーマンスは日本の若者にとっても興味深いものだと思います。

トライアルのショー、DVDのリリースなどで、すでにアメリカ村で知らない若者に声をかけてもらえるようになりました。 エクストリームとストリートの架け橋を渡っていくスタイルで、これからも新しい道を切り開いて行きたいと思います。

エルズベルグはクレイジーなイベントです。帰国後、僕が更に手のつけられない男になっているかもしれませんが、今後とも宜しくお願いします。

 

最後に、今回のチャンスをくださったKTM様、その他スポンサーの皆さんや応援してくれる熱い方々、いつも刺激をくれている尊敬すべきライダーの方々、本当にありがとうございます。

それでは良い報告が出来ますように!!

 

奈良県桜井の自宅にて・・・ 田中太一

—————————————–

エルツベルグって?という方のために。 6分20秒でわかるERZBERG RODEO

彼の小豆島デュアルスポーツの欠席はこのためだったんですね。 KTMのサポートで300EXCを駆っての出場となるそうです。

これから本番まで、日本でしっかり乗り込んで調整をしていくとのこと。 皆さんも田中太一への応援をよろしくお願いします。 結果を残せば彼にとってさらなるビッグウェーブが来ることもあるかもしれません。 是非とも頑張ってきて欲すい。逃さず波に乗って欲すい!

ビンボー暇ナシとはよく言ったもんで。

売上はガタ落ちなのに本業が何かと忙しいのです。 リーマンショック前よりも仕事量は多い。 なのに4月からの給料はダウン確定。ヤレヤレ。

クビにされてないだけでもありがたいと思わなきゃいけませんねー。

 

しかし今週、長い。あと2日、頑張る。

今週末は阪下で近畿選手権がありますが、オイラはバイクなしの行動予定。

大佐、段取り連絡よろしくー。

 

と、いうわけで今日の一枚。

a162

たまには自分の写真を。 たぶん2002年1月4日。 徳島・阿南のビーチエンデューロ。

前はサンド用、後ろはパドルで挑む。 それでも砂浜は大変でした。

もう一回走りたいか?と聞かれるとちょっと躊躇(苦笑)